2月13日(金)に、第2回すくすくプロジェクトを行いました。すくすくプロジェクトでは、「健康が一番!元気な幸ケ谷っ子」をスローガンに掲げ、特にあいさつ・食後の歯みがきについて全校で取り組んできました。3年生以上の代表児童、保護者、教職員が参加して、今までの取り組みの成果と課題について報告し合いました。

 本校の歯科巡回指導をしてくださっている歯科衛生士の穂積先生からは、「前回に比べてとてもよい結果です。クラスでの取り組み、家庭への呼びかけ、給食後の歯磨きの実施を行うなど、全校で頑張って取り組んできたことが結果としてあらわれています。」とお話をしていただきました。また、保健委員会の児童からはクイズを交えながら「かぜの予防」について話がありました。学校薬剤師の北川先生からは、「インフルエンザの予防」は①保温②保湿③早寝・早起き④手洗い・うがいが大事なことと、「アタマジラミ」を発見した時の対応の仕方についてお話をしていただきました。