夕方になりました。食事係が夕飯の準備をしています。さすが、高学年は手際よく進めていきます。

 子どもたちは、ハンバーグ定食とひれかつ定食から好きな方を選ぶことができました。おいしい食事をいただきながら、次に行うキャンドルファイヤーについて楽しく仲間と語り合っていました。

 

 

  キャンドルファイヤーでは、火の儀式が行われました。火の神様と火の子の登場、「もえろよもえろ」の歌、テーマソング「T&A」の演奏で一気にムードを盛り上げます。そして、「三浦に行こうよ」「ぶんちゃっちゃ」「マイムマイム」「ジンギスカン」「二人三脚」と立て続けにゲームを行い、会場は盛り上がりました。最後には、「今日の日はさようなら」でしんみり終わり、幕を閉じました。

 その後、やまびこ棟までの帰り道をナイトウォークし、お風呂に入って1日の疲れを癒やしました。

 

 

  昨日の疲れはほとんどありません。子どもたちは次の活動にとても意欲的に取り組みました。

 海遊びでは、シーカヤックに乗ったり、海辺の生き物を観察したり、普段の横浜の生活ではできない体験をしました。カニや小魚を見つけると捕まえて、「見て!見て!」と声を大きくあげる子がたくさんいました。 

 

 海遊びの後に昼食を食べ、退村式を行うと、三崎口の駅まで1時間近く歩きました。気持ちのよい晴天の下、三浦の野菜が栽培されている畑を横目に帰りました。疲れてはいますが、「楽しかった。」「もう一日三浦にいたかった。」と充実した表情でした。

 

 今回は、特に三浦体験学習実行委員が中心になって活躍しました。一ヶ月以上、休み時間を返上して、みんなのために活動内容を考えたり、各活動のリハーサルなどを行ったりしました。おかげで三浦体験学習のすてきな思い出をみんなで作ることができました。