第4学年の国語の「だれもが関わり合えるように」の学習の発展として、磯子生活支援センター「いぶき」の見学に行きました。当日は、4つのグループに分かれ、白杖体験、車いす体験、施設見学などに取り組みました。

 

 白杖体験では、「アイマスクをすると全く見えない。とても不安になる。」「急に話しかけられてびっくりした」「目が不自由な人のために、点字ブロックは大切にしないと」といった気づきがありました。

 また、車いす体験では、「段差があると大変」「道に何かがおいてあって、通れないとすごく困る」といった声が聞かれました。

 今回の見学で学んだことをもとに、だれもが関わり合える世界をめざして、より深く探究していきたいと思います。