ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

kousya

ようこそ岸谷小学校へ

更新情報

H28 重点研

2016年7月15日

平成28年度 第5回授業研 7月14日(木)

1年 10より大きい数

たくさんのおはじき。10より多いけど、幾つあるのかがすぐに分かるようにするにはどうしたらいいのかな。おはじきを並べながら考えました。いろいろな並べ方があるけれど、分かりやすいのはどれかな。授業のポイントは対話的な学び。友達同士で自分の考えを交わして見方を広げていくこと。

6年 比

おいしいめんつゆを作るには、めんつゆと水を2:3にすること。1人分はスプーンで2杯と3杯。40人分のめんつゆを作るにはどうすればいいのでしょうか。スプーンで何杯も測るのは大変…。授業のポイントは既習事項との関連。割合や分数など学習との関わりを子どもがどのように見いだしていくか。 

授業リフレクション

論点整理から、学年部会でのグループワーク、グループ発表、全体討議と リフレクションを進めていきました。講師の横浜市教育委員会主任指導主事石澤康史先生からは、授業のねらい、意図、その学びから何が身に付くかということを明確にすることが大切であるとご指導いただきました。また研究を進める上で、例えば協議会は率直に意見を言い合う、貪欲に聞く、そういった姿勢が岸谷小学校のチーム力を高めることにつながるのではとご示唆いただきました。

 

平成28年度 第4回授業研 6月24日(金)

2年 水のかさ

水筒の水のかさ、どうすれば正確に伝わるのかな。アイスカップ何杯分と言えば伝わる?でもアイスカップと言っても大きさはいろいろ…。授業のポイントは単位のよさ。

3年 あまりのあるわり算 

40人のクラス。6人掛けのイスに座ると、イスは何脚必要かな。40÷6=6あまり4だから…。「もし~だったら」と考えたり、図を使ったりしながら問題解決に取り組みました。授業のポイントは場面をとらえること。

授業リフレクション

今回は学年グループの発表後に全体討議を行いました。2年グループ、3年グループのそれぞれについて疑問点や改善の方向について全体で共有できました。

講師の横浜市立山下みどり台小学校長の小林広昭先生からは、授業後「それからどうするのか?」「それで何ができるようになったのか?」という問いに答えられる授業を意識するとよいのではないか、と授業デザインの視点をいただきました。

また、当日は山形県中山町の小学校、中学校の先生方の視察訪問がありました。研究内容について意見交流していただき、授業後のグループワークにも参加していただくなど、大変有意義な機会となりました。ありがとうございました。

平成28年度 第3回授業研 6月10日(金)

6年 分数のわり算 

分数のわり算の仕方について。ペンキの量とぬれる面積の関係を数直線に表し、その計算の仕方を探りました。計算の仕方を形式的に知ることが目的ではなく、なぜその計算になるのかを考えること。授業のポイントは既習事項の総動員。

2年 計算のくふう

80円をもってお買い物。お菓子を買うときには何算を使っているのだろう。たし算?ひき算?計算を振り返ってみると、計算の仕方の工夫が見えてきます。授業のポイントは場面や状況に応じた演算決定。

授業リフレクション 

授業についての論点整理、グループワーク、全体討議を行い改善の方向性について検討しました。

今回、講師の文部科学省学力調査官小松信哉先生、横浜市立六浦南小学校長齊藤一弥先生よりご指導いただいたことは子どもの学びのプロセスを再考すること。子どもの声を授業者が聞くこと。単元をデザインしていくこと。子どもは算数の授業から何を学ぶのか、考えていかなければなりません。 

 

平成28年度 第2回授業研 5月27日(金)

3年 長さ

社会の学習では「まち探検」を行います。探検したい場所はいろいろあるけれど、どうやってコースを決めたらいいのかな…。行きたい場所の道のりはどのくらいか、かかる時間は?絵地図をもとに調べました。授業のポイントは教科を横断する学び。社会の学習での問題を算数の力で解決すること。 

5年 体積

 

どちらの箱が大きいか。箱の大きさ比べをしました。これまでにもいろいろなものを比べてきました。長さ、かさ、重さ、広さ。箱の大きさはどうやって比べたらよいでしょうか。授業のポイントは既習事項、既習経験の想起、活用。 これまでに問題解決してきたアイデアが使えるか。

授業リフレクション

授業リフレクションは、論点整理、グループワークと全体協議、指導講評という構成です。

講師は前回に引き続き文部科学省教育課程調査官笠井健一先生。子どもの問いが続く学びにするための授業展開と教師の役割、アクティブラーニングの学びといった視点から授業改善の方向についてご指導いただきました。 

また当日は群馬県伊勢崎市立茂呂小学校より4名の先生方の視察訪問がありました。グループワークでは貴重なご意見をいただき、また茂呂小学校の取組についてもご紹介いただきました。ありがとうございました。

 

平成28年度 第1回授業研 4月28日(木)

4年 角の大きさ

学区の坂道の角度を調べました。角度で表すことでどの坂道がどのくらい急なのかが分かりました。予想していた角度とだいぶ違うことに驚きがありました。授業のポイントは日常の生活にある事象を算数の目で見つめ直すこと。

5年 合同

合同な三角形を2枚使うと平行四辺形ができる。本当に2つの三角形は合同になっていると言えるのか。どうやって説明したらよいだろう。これまでの学習で合同な三角形を作ってきました。いろいろな方法で合同な三角形が作れたけれど…。授業のポイントは知識の活用。

授業リフレクション

 

グループワークではそれぞれの授業についての改善点について検討し、全体討議によりその方向性について共有しました。

講師の文部科学省教育課程調査官笠井健一先生、横浜市立六浦南小学校長齊藤一弥先生より、問いを発見、解決するというプロセスを授業展開として積み重ねていくこと、教材のもつ本質的特質をとらえることが大切であるとご指導いただきました。

  

平成28年度 重点研

  

 

  

28年度 各学年の取組紹介

2016年7月12日

 

7月3日~5日 日光修学旅行(6年生)

小学校最後の宿泊学習である日光修学旅行に行ってきました。1日目に足尾銅山、2日目に戦場ヶ原ハイキング、3日目に東照宮見学と歴史、自然をテーマに過ごしました。

その土地のよさや伝統に触れ、時間の積み重ねを感じながらの学習でした。思い出を作るとともにこの経験を今後の生活に生かしてほしいと思います。

 

6月29日~7月1日 赤城宿泊体験学習(5年生)

 

赤城宿泊体験学習に向けて約1カ月の時間をかけて準備を進めてきました。"一人ひとりが役割を果たす”という大きな目標に向かって互いに協力し合いながら3日間過ごしました。

赤城の自然の素晴らしさを感じながら様々な活動を通して仲間との絆を深め、笑顔が絶えない宿泊体験学習となりました。

 

6月21日~22日 上郷宿泊体験学習(4年生)

たくさんの自然に触れ、友達と協力し、けじめのある上郷体験学習になりました。キャンドルファイヤーではクラスごとのスタンツで盛り上がり団結を深めました。浄水場やこども宇宙科学館のプラネタリウムで楽しく学びました。

 

6月8日 総合 田植え(5年生)

最初から最後まで自分たちの手で作り上げた田んぼが、やっと完成しました。

完成した田んぼに、「たくさんのお米がとれますように・・・。」、「美味しいお米ができますように・・・。」と、願いを込めて田植えをしました。

ここからが本番!53人で力を合わせて美味しい浜産米ができるように、一生懸命に育てていきます!

 

6月7日 生活科 まちたんけん(2年生)

2回目のまち探検にでかけました。今回は学校から商店街、生麦駅を抜けて、へび公園まででかけました。今度の探検でもいろいろな発見がありました。みんなにも紹介したいことがありそうですね。

 

6月5日 じゃもかも祭り(3年生)

 蛇も蚊も祭りに参加しました。初めは少し雨が降っていましたが、歩き始めるとともに雨もやんできました。全員で長い列を作り、大きな掛け声をかけながら担ぎ歩きました。伝統的な行事に参加でき、大変貴重な体験になりました。

 

5月31日 総合 田んぼ整備(5年生)

総合「浜産米を作ろう」の活動が本格的に始まりました。今年度から新しい場所での米作り。

力仕事はとても大変でしたが、みんなで協力して着々と田んぼが整備され、来週の田植えがとても楽しみです!

5月26日 初めての毛筆(3年生)

 書写の授業で初めての毛筆の学習を始めました。まずは準備を全員で行っていきました。墨を筆につけてい ろいろな線をかきました。力の強さだけで様々な太さの線をかけることが分かり、楽しく学習しました。

 

5月19日 歴史博物館見学 (6年生)

横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡の見学に行きました。縄文、弥生、古墳時代の家のつくりや生活の変化を調べ、横浜に生きた人々の生活や歴史を知ることをめあてとして活動しました。

6年生最初の社会科見学ということもあり、館内でのマナーやグループ行動での約束を守り、協力して行動することができました。

  

5月16日 ぐんぐんそだて!わたしたちのあさがお(1年生) 

 

生活科の学習で、あさがおを育てることになった1年生。昨年度育てた2年生に丁寧に教えてもらいながら種をまきました。「ふわふわの土にしてあげるんだよ。」「お水をあげるときはやさしくね。」重たくなった鉢を一緒に運びながら、2年生がたくさん話をしてくれました。これからどんな様子で成長するのか楽しみです。

 

5月13日 生活科 苗を植えたよ(2年生)

2年生の生活科の学習では野菜をつくることになりました。トマトやピーマン、ナスにエダマメ。自分が育てたい野菜の苗を植えました。ぐんぐん育ってほしいです。

 

4月22日 1年生を迎える会(1年生) 

入学してから約3週間、学校にも慣れてきた1年生は、2~6年生のお兄さん、お姉さんに囲まれ、岸谷小学校の一員となりました。1年生を迎える会では楽しいクイズに歌のプレゼントなどで歓迎してもらいました。1年生からは「ドキドキドン!1年生」と「呼びかけ」をお返ししました。これからどうぞよろしくお願いしますという気持ちが伝わる会になりました。

 

4月12日 学年開き(2年生)

 

新年度。2年生になりました。初めてのクラス替えで少しドキドキ。でもすぐにみんなと仲よく遊べました。早速みんなでどんな2年生になりたいかを話し合うと、「みんな仲よし」で「にこにこ笑顔」という意見がたくさんでてきました。素敵な2年生になれるようがんばりたいです。

4月11日 学年集会(3年生)

今年度初めての学年集会を開きました。どんな3年生になっていきたいかと話し合ったところ「めあてをもち、最後まで頑張っていきたい。」や「相手の言葉に耳を傾け、協力して活動する。」や「自分やまわりの人の命を大切にする。」といった意見が出てきました。その後の話し合いで、『たくさんの友達と助け合い、学び合うことのできる子』という学年目標に決まりました。

4月7日 5年生への委員会紹介 (6年生)

6年生は、今年初めて委員会活動に参加する5年生に、昨年度の取り組みを委員会ごとに紹介しました。各委員会の目的や意義、活動内容を伝えるとともに、よりよい学校生活を送るために必要な組織であることを改めて伝えました。今年度1年間の委員会活動がスタートするんだという最高学年だからこそ感じる気持ち。お手本になる第一歩として引き締まった表情で過ごしました。

 

 

 

 

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる