毎年、霧が丘連合自治会と小学部PTAとのご協力のもと計画されている「富士山レーダードーム館見学会」。今年度は、6年生の希望者39名での参加になりました。
 前日の夜まで降っていた雨がすっかりやみ、快晴の中での見学を行うことができました。1964年から35年間、台風予報のとりでの役割を担ってきたレーダードームの建設時の苦労や気象観測について学んできました。
 世界遺産センターにも立ち寄り、富士山についての理解も深めてきました。