社会科+プログラミング教育

 社会科「自動車づくりにはげむ人々」で、「日本一の自動車会社をつくろう!」を大きなめあてに、自動車工業について学習していきました。「今後、どのような自動車づくりが求められるだろう?」という問いに、児童からは「安全・便利・環境に優しい自動車」と出てきました。安全や便利を追求した結果、自動で止まったり、車線をはみ出さない自動車等にたどり着き、実際にプロトタイプを作ることにしました。

 何度も繰り返し失敗しながら、自分たちの会社が作りたいシステムを作ることができました。時代の変化に柔軟に対応していく児童が育っていけるよう、これからも支援していきます。