『ゆめっ子』育て!

校長 下畝 直人

 

  

○『認め合い、支え合い、高め合う子』を育てます。

子どもたちの学力を向上させるためには、子どもたちが安心して学習に取り組める学習環境が重要になってきます。それは、授業中、間違えた発言をしても笑われたり、非難されたりしない級風をつくることであったり、友だち同士が認め合い、支え合い、高め合ったりする教育活動が行われたりすることです。人と人とが顔を合わせ、お互いの個性を認めることから始まり、学び合ったり、高め合ったりすることで自らを高め、自尊感情や自己有用感を育てていく教育活動を展開したいと考えています。

 

○家庭、地域、関係機関との連携を深め、地域の特色を生かした教育活動を進めます。

インターネットの普及により、子どもたちも様々な情報を居ながら得ることができます。このような間接体験を活用することも大切ですが、直接体験に勝る学びはありません。本校の学区には本物体験を教えていただける地域の先生方がたくさんいらしたり、学習材が豊富にあったりします。実際に体験することで「感じ、考え、実感する」学習活動を取り入れていきたいと考えています。

 

 

全教職員が「子どもたちのために」を合い言葉に、全力をあげて子どもたちを支援してまいります。                                  

保護者の皆様、地域の皆様のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。