「視覚障がい者と盲導犬との生活について」の講演を、4・5・6年生が聞きました。

目の不自由な方たちの生活のこと、盲導犬(今日は盲導犬もいっしょにお連れくださいました)との信頼関係や役割のこと、そして何より、障がいのある人もない人も、身のまわりの人への配慮が大事であること、いつでもどこでもだれでも、相手を思いやってできることがあるということをお話しいただきました。

人権講演会