本日、劇団四季の役者さんによる「美しい日本語の話し方教室」が、5年生を対象に行われました。日本語の話し言葉をきちんと話すためのポイント(母音をきちんと話すことが大切)について、役者さんとのやり取りを通して学びました。左上の写真の言葉を、母音で「あ・い・あ・あ・あ・え・あ・え・お」と3回発音したの「あ・し・た・は・あ・め・だ・け・ど」の子どもたちの発音は、とても聞き取りやすい言葉になっていました。他にも『連母音』『長音』『連子音』の発音に気を付けると、美しい日本語になることを身をもって体験していました。授業後の給食では、とても美しい日本語で「おいしいきゅうしょくいただきます。」と発音していまた。