学校のあゆみ  

1921
(大正10年)
 横浜市尋常高等稲荷台小学校として開校。(児童数1344人)
1923
(大正12年)
 横浜市稲荷台尋常高等小学校と改称する。
大震災にあうが校舎はほとんど壊れなかったので授業を開始する。(児童数3000人) 
1930
(昭和5年)
 横浜市稲荷台尋常小学校と改称する。 
1941
(昭和16年)
  横浜市稲荷台国民学校と改称する。 
1944
(昭和19年)
 湯河原温泉へ540人集団疎開(児童数1532人)
1945
(昭和20年)
 空襲により校舎全焼する。 
1947
(昭和22年)
  校地焼け跡に戦災者共同住宅が建つ。
今の富士見台小学校地に横浜市立稲荷台小学校開校
1951
(昭和26年)
 現校地に稲荷台小学校稲荷台分校が開校
1953
(昭和28年)
 稲荷台分校を廃し、横浜市立稲荷台小学校として独立する。(富士見台小学校ができる。)
1955
(昭和30年)
 二部授業始まる。(児童数1454人)
1961
(昭和36年)
二部授業解消する。(児童数1367人)
1976
(昭和51年)
鉄筋校舎(現校舎棟)完成
1986
(昭和61年)
体力つくり研究協力校発表
1987
(昭和62年)
学校全体計画(体力つくり)研究協力校発表
1989
(平成元年)
横浜博覧会開会式マスゲーム出場(5年生)
日本学校体育連合会表彰
1990
(平成2年)
福祉の風土づくり推進校
横浜市教育委員会研究協力校算数科研究発表
1991
(平成3年)
創立70周年記念式典挙行(児童数580人)
1992
(平成4年)
横浜市教育委員会人権教育実践推進校
横浜市教育委員会研究協力校図画工作科研究発表
1993
(平成5年)
新体育館落成記念式典
1995
(平成7年)
稲荷台小コミュニティスクール開設
1996
(平成8年)
横浜市教育委員会学校運営改善実践協力校
はまっ子ふれあいスクール開校
1997
(平成9年)
横浜市教育委員会研究協力校国語科発表
1999
(平成11年)
給食室ドライシステム完成
2000
(平成12年)
横浜市教育委員会研究協力校社会科・生活科発表
2001         
(平成13年)
創立80周年記念式典挙行(児童数414人)
関東地区小学校生活科教育研究協議会神奈川大会会場校