12月2日の飯島フェスティバルでは、秋遊びを発表しました。これまで子ども達は、「みんなが楽しい」「みんなが嬉しい」「秋だなあと感じること」の3つが大切だと考え、学習に取り組んできました。

   子ども達の振り返りには、「緊張したけど、頑張ってできたから嬉しい。」「技術員さんに、自分で足りないものをもらいに行くことができたから嬉しかった。」「最初は上手くいかないこともあって大変だったけど、何回も練習するうちにどんどん上手になって嬉しかった。」「みんなで遊びを作ることができて嬉しかった。」「友達やおうちの人が来て一緒に遊んでくれて嬉しかったし、楽しい気持ちになった。」「お客さんがにこにこになってたから、自分も楽しかったし嬉しかった。」などがありました。子ども達は、自分の頑張りが良い結果につながった達成感や、友だちと一緒に何かを作り上げることの楽しさ、相手に喜んでもらうことができたことの嬉しさを実感しているようでした。