火起こしが終わり、いよいよカレー作りです。

一つの鍋はカレー、もう一つの鍋はご飯、

そしてやかんでお湯を沸かします。

それぞれ火にかけたら、待っている間に

マシュマロを焼いて食べました。

丸焦げになっても、「焦げているとこが美味しい!」と

言って、にこにこしながら食べていました。

キツネ色になるまで竹串をクルクル回し、程よい

ところでクラッカーに挟んで食べました。

気候はとても暖かく、自然の音しか聞こえない環境

での食事になりました。

カレーを食べていても虫がいろいろ飛んできます。

「なんでこんなに虫ばっかりいるのよ!」と

怒っている子もいましたが、今回の体験学習の

めあてが「自然と関わり~」ですので、

そこは頑張って虫と仲良くなってもらいたいと

思いました。