ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム東俣野小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

世界文化遺産「富士山」を眺める自然豊かな学校です

 

 

更新情報

夏休み親子工作教室

2017年8月6日

8月6日(日)には、東俣野子ども会、影取子ども会と神奈川県土建組合の方々が連携し、夏休み親子工作教室を開催しました。40組ほどの親子が参加し、幼児用いす、三本脚いす、コレクションラック、モザイクタイルなどのすてきな作品を仕上げました。

鑑賞教室

2017年7月20日

  6月26日に、鑑賞教室がありました。毎年、学校に様々な文化団体をお呼びして、全校で芸術と文化を鑑賞します。今年は「劇団みんわ座」さんにお越しいただき、影絵人形劇を鑑賞しました。低学年でもわかりやすく楽しい「だるま夜話」、道徳的な内容が心に残る「とべないホタル」、劇的な展開で迫力があった「白いりゅう、黒いりゅう」の三本を鑑賞しましたた。

体育館会場とべないホタル

地区班顔合わせ

2017年7月20日

 6月23日(金)に、地区班顔合わせがありました。本校では集団下校はありませんが、急な嵐の時などに、児童の安全を考えて、地区の色別にまとまって帰るような対応をとることがあります。その時のために、地区班の友だちと、担当の校外委員さんと先生が誰なのかを知るための引き渡し訓練です。子どもたちは落ち着いて移動し、地区班で下校する際の手順を知りました。
地区班顔合わせ

日光修学旅行

2017年7月14日

 712日(水)~13日(木)に一泊二日で日光修学旅行へ行ってきました。めあては、「D・T(ダブルティー)思い出に残る修学旅行」でした。D・Tの「T」は「楽しく」と「助け合い」です。行く前の準備期間も含めて、このめあてを大切にして取り組んだ6年生。ますますパワーアップできた2日間でした。

 

旭工場見学

2017年7月14日

 6月29日(木)に4年生が社会科見学として「横浜市資源循環局 旭工場」へ行きました。横浜市で出されたごみがどのような処理をされているかについて学ぶとともに、焼却しなければならないごみを減らすための、「横浜3R夢」の考え方の大切さについて知ることができました。子どもたちは休みの日も絶え間なく働く方々の仕事に感銘を受けていました。今後の学習にも生かしていってほしいと思います。

開港記念式

2017年7月14日

 6月20日(火)に開校記念式が行われ、全校で東俣野小学校の32歳の誕生日をお祝いしました。その中で、4年生が「東俣野小学校と地域とのつながりを伝えよう」というテーマのもと、学校を支えてくださっている地域の方々のお話を聞いて感じたことを、劇で表現しました。地域の方々への感謝の気持ちをもつとともに、一人ひとりがめあてに向けて一生懸命に取り組んだ、充実した活動となりました。
開港記念式写真

新体力テスト

2017年7月1日

 613日に新体力テストを行いました。あいにく途中から雨が降り、校庭の種目は、翌日に延期となりました。2日間で約40名ほどの多くの保護者ボランティアの方々にご協力いただき円滑に行うことができました。ありがとうございました。今回のデータをもとにして子どもたちの心と健康への取り組みにも生かしていきます。

集合測定写真

2年生 横浜DeNAベイスターズ出前授業

2017年6月29日

 6月9日に2年生で横浜DeNAベイスターズ出前授業を体験しました。ボールの打ち方、投げ方の基礎を教えて頂きました。実際に打ったり投げたりすることを楽しみながら行いました。低学年ということもあり、ボールを投げて先に的に当てるというチーム対抗のゲームを取り入れて行ってくださり、最後まであきることなく楽しく活動することができました。

集合写真集合写真2

指導場面

国際理解歓迎会

2017年6月29日

68日に、国際理解教室の先生の歓迎会がありました。今年はガーナからいらっしゃった先生がガーナの文化や言葉について、教えてくださいます。

歓迎会では、6年生による歓迎の言葉を贈り、また先生を歓迎する気持ちを込め、全校児童で、校歌を歌いました。伴奏は6年生の児童が弾きました。みんな、これから1年間、ガーナについて知ることを楽しみにしています。

ステージ入場

4年戸塚消防署大正出張所見学

2017年6月29日

 6月8日(木)に、4年生の社会科の学習として、戸塚消防署大正出張所へ行きました。消防車両や、消防署内の見学をしながら、地域のために働く消防士の方の仕事や、仕事への思いなどについて学びました。「消せない火災はない」という力強い消防士の方の言葉に、子どもたちは感動していました。これを機会に、自分たちの生活にも意識を向け、安全なくらしを心がけていってもらいたいです。

消防車見学救急車見学

 

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる