12月4日(金)に4,5,6年生を対象に「命の授業」を行いました。今年度は、「よこはまチャイルドライン」の方々が、子ども達が電話で話をしている様子を紙芝居で伝えてくださいました。子ども達の悩みも嬉しいことも何でも聞いて受け止めているそうです。

 また「人権とは何か」ということについての話や「みんなちがって、みんないい」という金子みすゞさんの詩などで、語ってくださいました。

 一人ひとりの「かけがえのない命」を大切にして、お互いに助け合って生きていきたいものです。