5月16日(月)に、資源循環局と金沢区役所の方々が「ゴミ」についての授業をしてくださいました。なぜ水を切ってから捨てなければならないのか。なぜ空き缶と燃えるゴミを分別して捨てなければならないのかなどの疑問を、実験を通して教えてくれました。最後に普段は見ることができない収集車の中を見せてもらい、みんなどのようにゴミが収集車の中に入っていくのか興味津々な表情で見ていました。