ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

  校舎と西門とフジナミキング

更新情報

前期後半始まる!

2016年8月29日

~めあてを決めて学習しよう~

 みなさんは、リオデジャネイロオリンピックの中継を見ましたか。日本の選手がたくさんのメダルを獲得しました。メダリストのインタビューで「オリンピックに出て活躍することは、子どもの頃からの夢だった。」と語っていましたね。

 夢を持つことはとても大切です。まず小さなめあてを決めて、それに向かって頑張るのです。小さなめあてを達成できると、次のめあてが見えてきます。そのめあてに向かって頑張っていると、やがてそれが夢になります。

 オリンピックで活躍した個人もチームも監督・トレーナーなどなどその人たちを支えるたくさんの人がいましたね。みんなで力を合わせて頑張れるのは、素晴らしいことです。みなさんのクラスではどうでしょうか。クラスの人と力を合わせられたら素敵です。今年の6年生は、とても仲良しです。6年生を見習って、仲良しクラスを目指しましょう。

 前期後半が始まりました。めあてをもって、みんな仲良く学習しましょう。

 

 久しぶりの校長先生の話を子どもたちはとても良い姿勢でしっかり聞くことが出来ました。

 朝会の後あるクラスへ行くと、夏休み報告会をやっていました。「地域のお祭りへ行きました。ヨーヨーつりで一つしか取れなかったから来年は三つは取りたい。」「プールへ行きました。浮き輪を使えて楽しかった。」「ねぶたを見た。ラッセーラって言ってた。」「動物園のゾウの食事タイムに参加した。にんじんを出すと長い鼻で取って食べてくれた。鼻は固くて柔らかかった。」「僕が育てていたミニトマトに虫がついて枯れちゃいました。残念でした。」

 長い長いと思っていた夏休みは、あっという間に過ぎ去りました。さあ、前期後半が始まりました。まだまだ暑い日が続きますが、健康に気を付けて学校生活を再開しましょう。

小・中 花の連携パートⅡ

2016年8月29日

         

~オレンジの黄花コスモスと 黄色い黄花コスモス。 どっちが中学校でしょう?~

 花の小・中連携パートⅡです。黄花コスモスの種を2種類岩井原中学校の技術員さんに差し上げました。中学校のプールの前に二色のコスモス畑が作られて、少しずつ大きくなり ついに花が開きました。中学校では黄色い黄花コスモスが先に咲き始めました。プールの半分位の高さまで育ち、「エッヘン!中学でも咲いて、仲間を増やすんだ。」と嬉しそうです。(右の写真)

 小学校では、黄花コスモスはあちこちで咲きます。6年校庭花壇・南花壇なかよしルーム前・給食室前・3年花壇・その他種がとんで芽を出してあちこちで花を咲かせます。今、小学校で咲いているのは、南花壇なかよしルーム前です。オレンジの黄花コスモスがたくさん咲いています。外のフェンスくらいの高さまで大きくなっています。

 同じ黄花コスモスなのに、小学校と中学校では今咲いている花の色が異なるのが不思議です。太陽の向きとか風の向きとか微妙に異なるからでしょう。花の色が違うから面白いです。

 中学校に行くことがありましたら、プール前の黄花コスモスを探してください。小学校ではまもなく学校のあちこちで黄色とオレンジ色の黄花コスモスが咲き乱れると思います。現在咲いているのは、南花壇です。

 

5・6・7組 畑情報

2016年8月26日

   

~さつまいもも稲も 元気・元気~

 今年もさつまいも畑は、葉っぱがしっかり広がっています。葉っぱの大きさは、大人のぱあよりも大きくて立派です。

つるがぐんぐん伸びるので、つるがえしをして畑でいもが育つようにしています。(左の写真)

 一方稲は大きな丸い鉢に植えて育てています。5年生の水田よりも丈が長くなって、最近やっと穂が出てきたので網をかぶせました。ある日網を観察したら、ショウリョウバッタが入っていました。葉を食べようとしたのか、実を食べようとしたのかわかりませんでしたが、網から出ていただきました。ショウリョウバッタは、困ったように周りを見てからピョンと草むらへとんでいきました。(右の写真)学校には草むらがたくさんあるので、バッタには天国だと思います。

1年 畑情報

2016年8月26日

   

~夏の花・秋?の花・こぼれだね大活躍! バッタも登場~

 1年の畑には、昨年 コスモス・オジギソウ・ふうせんかずら・ホウセンカを蒔きました。今年コスモスは春からぐんぐん成長して 6月から花が咲き始めました。夏休み中花を咲かせ続けて、台風の風にも負けずに頑張って倒れませんでした。コスモスの根元にピンクの丸い花を咲かせているのはオジギソウです。とげがあるので、不用意に草抜きをするとオジギソウの茎をさわってしまい「イタッ!」

 ひまわりとあさがおふうせんかずらは、数人の子どもたちが植木鉢から自分で畑に植え替えました。夏休み中に大きくなって花を咲かせています。あさがおは、朝が大好きなので、朝早く花を開き10時ごろにはすぼんでしまいます。ふうせんかずらは、白い小さな花を咲かせた後 ふうせんのような実をふくらませます。(左の写真)

 草を抜いていたら、「ピョン!」とショウリョウバッタが顔を見せました。しばらくじっと様子を見ていましたが、風とともにどこかへ去りました。(左の写真) 草むらにはバッタがたくさんひそんでいて、何かのひょうしに「ピョン!」と出てくるのです。子どもたちには、たまらない遊び相手でしょう。

富士見台富士山便り

2016年8月26日

   

~夏雲が流れる 横浜の富士~

 ふんわりふわふわの夏雲が流れていきます。富士山と大山に雲がかかっていたので、しばらく眺めながら待つことにしました。上空には白い月も出ていました。「ゴワーン」と音がするので、目で追うと飛行機が青空を飛び続けて 白い雲の中に消えていきました。(左の写真)

 かたまりの雲は確実に流れていきましたので、富士山ががよく見えるようになりました。しかし低い雲はたなびいていて、なかなか流れ去ってはくれませんでした。(右の写真)

 本校は富士山がみえる高いところというので富士見台ですが、毎日富士山に出会えるわけではありません。晴れていても低い雲がたちこめていて、山が見えないことが多いのです。今日のように雲がどんどん流れていく日は、とても珍しい横浜の富士です。

南花壇情報 ひまわりのせいくらべ

2016年8月25日

   

 ~背高のっぽや こぶりのひまわり 台風にも負けずに咲く~

 南花壇のひまわり畑です。夏の雲をバックにひまわりが咲きました。花の小中連携のひまわりはもう咲き終わって種になりつつあります。その次に咲きだしたのがこのひまわりです。2年生のさつまいも畑の隣です。1年2組の前辺りでしょうか。

 例年スイトピーの後、ひまわりの種を蒔きそれが発芽して成長するのですが、今年は2回種を蒔きましたが、ほとんど発芽しなかったので、別の場所で種を蒔いて育て、ここに移植したのです。そのため大幅に成長が遅れて、5月に蒔いたひまわりが種になる頃やっと花が咲いたのです。「時間差をつけて咲いたから、長い間ひまわりの花を楽しむことができたわ。」「うちの子が『ひまわり』という花を覚えました。」地域の方には好評でした。

 最近台風の風が吹き荒れましたが、ひまわりたちは右に左に揺れ動きながら頑張ったので、折れたのは3本だけでほかのひまわりは無事でした。よかった。よかった。おかげさまで、種も取れそうです。種をたくさん取って、また来年もひまわりをたくさん咲かせたいです。

夏休み 校庭情報

2016年8月25日

   

~夏休み 夏の雲 夏遊び~

 夏の青空が久しぶりに校庭に広がりました。夏休みを利用して校内は工事中です。トラックがとまり黄色いフェンスに囲まれています。(左の写真、右下)気温が高いので、校庭で走り回っている人はいません。

 キッズクラブの入り口付近で、水遊びをしている人、砂場で遊ぶ人がいました。ちょうど校舎の陰になっているので夏の太陽の日差しを避けて遊べるのです。あたりには、涼しい風が吹き抜けます。

 校舎の中に入ると、室内では 折り紙をする人・ブロックをつなげて思い思いの物を作り上げる人・ビーズを集めてアイロンを当てて好きなものに仕上げる人などなど好きなことをして楽しそうに過ごす姿をたくさん見つけることができました。

 「うちのカブトムシの幼虫がおすとめすがいて、ぼくが育てているんだよ。」「そうなの。ちゃんとカブトムシの成虫になるといいね。」「外で遊んでたらね、見て見て!あせが出てきちゃった。」「ほんとうだ。ふかなくちゃ。」などなどうれしそうに話しかけてくれました。夏休みもあとわずかです。安全に気を付けて、楽しく過ごしましょう。

2年 畑情報 さつまいも畑

2016年8月24日

    

~さつまいも畑 つるがえし&草取り~

 さつまいもがぐんぐん育ち、つるが畑をはみだしフェンスを越えそうになったりコンクリート上をすいすい伸びたりしています。(左の写真)草も夏の太陽をあびてすくすく育ちました。そこで今日は、つるがえしと草取りをしました。

 つるはまだフェンスを越えていなかったので、簡単に畑の方にひっくり返すことが出来ました。うっかりすると道路まで伸びてしまいフェンスを葉が通りにくくなってしまうのです。「よかった、よかった。」

 コンクリート側に伸びたつるは、簡単に畑側にひっくり返すことが出来ました。「風が吹いたら、またもどりますよね。」「もどったらまたつるがえしをするのです。毎日見てあげることがお世話なのです。」(右の写真)

 高く育った草を引っ張って抜きました。根をしっかり張っているので、かなり力を入れないと抜けません。「うんとこしょ、どっこいしょ。それ!」力を入れて草を抜きました。さつまいもの葉が「しっかり どっさり こんもり」と広がり立派なさつまいも畑になりました。学校が始まったら、子どもたちと一緒にまた草取りをします。

 さつまいもさんたちは、夏休みにがんばって葉を増やしつるを伸ばしました。

今日も入れました! ~水泳教室2日目~

2016年8月24日

 夏休み後半の水泳教室も今日が最終日。

 昨日に比べて、日差しが強かったこともあり、子どもたちは昨日以上に気持ちよさそうにプールに入っていました。

 今年は天気の関係で2日間しか水泳教室ができませんでしたが、わずか2日間の取組でも、子どもたちの「浮く・もぐる」といった動きや「クロール・平泳ぎ」の泳力は高まりました。そんな子どもたちの姿を見ていると、改めて「目標をもって一生懸命に取り組むこと」が大事なのだなと実感しました。

 夏休み明けも、各学年2~3回程度水泳学習が予定されています。そこでも、それぞれ目標をもってがんばってほしいと思います。        

 最後に、くり返しのお知らせになりますが、明日は横浜国際プールにおいて「横浜市立小学校水泳大会」が開催されます。本校からは、男女の200mリレーを含む6種目にのべ8名の児童が参加する予定です。どの子も自己記録を更新して帰ってくることを願っています。

2年 校庭花壇情報

2016年8月24日

~三色のオシロイバナ野菜をおおって咲きほこる~

 2年の校庭花壇は、今年度4クラスになり南花壇への世話がしにくくなったので、個人が育てる野菜の予備の苗をここに植えることになりました。ここには、ピーマン・なす・バジル・しそ・オクラを植えました。植える前によく耕して肥料を混ぜて土作りをしました。昨年までは、夏はオシロイバナ天国になっていました。

 夏休みに水やりをしていると、バジルやシソの間からオシロイバナが芽を出して、すくすく育っていることに気づきました。その後、あっという間に枝を広げて、花を咲かせました。ここはもともと黄色いオシロイバナがほとんどだったのですが、隣から濃いピンク、地域から白花オシロイバナの種をとってきてまきました。今年はきれいに草をとり、野菜を植えたのでオシロイバナは咲かないと思っていたのですが、種がどこかに隠れて生き延びていたようです。例年よりも枝を広げて、豪華に花を咲かせました。

 一つ残念なのは、黄色いオシロイバナの開花が遅いので、明るい時間に写真を撮れないことです。この写真はあたりが暗くなった午後7時過ぎに撮影しました。ほかの場所の黄色いオシロイバナは、夕方から咲き始めるのもありますが、本校では暗くならないと咲いてくれません。

 3年花壇と競い合うように3色のオシロイバナを咲かせているので、キッズクラブへお迎えにきたときにでも見ていただけると嬉しいです。黄色いオシロイバナは、つぼみがほんのり黄色味を帯びているだけかもしれませんが・・・。

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる