ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム富士見台小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

  校舎と西門とフジナミキング

更新情報

やっと会えました! ~富士見台富士山便り~

2017年7月15日

~やっと会えた! 夏姿の富士~

 梅雨はどこへいってしまったのでしょうか。暑い日が続いていますが、西の方を見ると上空は青空が広がっているのに、山の端は雲がもくもく湧き上がって、富士山も大山も見えないのです。

 先日は空が澄んでいたので期待しながらいわな坂を上ってきました。残念!丹沢山地は見えるのに大山も富士山も雲の中。しかし雲の厚さが今までとは違い、所々低いところがあるので、午後には見えるかもしれないと期待して待つことにしました。

 午後になって校舎3階から西の空を見ると、見えました富士山の頂上。雪のような白い筋も見えました。さっそく緑階段から屋上へ出て、もう一度富士山方面を見ました。西の空にたしかに雲からぽっくり頂上が出ていました。この時期は晴れていても、富士山はなかなか顔を出してはくれません。雪の衣がだんだん小さくなっていく様子をほとんどみることができないのです。

 7月1日は富士山の山開きだったので、富士登山をしている人も多いことでしょう。いつか夏姿の富士山に出会いたいものです。

虹&素敵な夕焼け ~富士見台のたからもの~

2017年7月14日

  

 13日(木)夕方、水やりをしていると、ポツリ、ポツリときました。「えっ!?雨!?」と思っているうちに、かなりの雨がザーザー降ってきました。しばらくすると「すご~い」「きれ~い」の声が校庭から聞こえたので、その声の場所に立つと、校舎の真上に大きな虹がかかりました(左の写真)。ちょうど太陽が西の空に沈んでいくところでした。その太陽が急に降り始めた雨にあたったのでしょうか。

 虹はだんだん薄くなっていきましたが、校舎がすっぽり入る虹だったので、「虹の中の富士見台小学校」になりました(中の写真)。久しぶりに虹に出会えてうれしくなりました。

 さらにうれしかったのは、とびきりの夕焼けに出会えたことでした(右の写真)。

 今月の歌「たからもの」を思い出しました。♪きらきらひかるものがすきです。・・・ああ今日の夕焼けはとびきりのキラキラだ。・・・もってかえりたいけどもってかえれないから こころのなかにしまっておこう~~ 

 歌の通りにこの光景を心の中にしまいながら、いわな坂へ続く階段を下りました。虹も夕焼けも「富士見台のたからもの」だなと実感しました。

 

有意義な時間に ~学校保健委員会~

2017年7月13日

 

 12日(水)13時から、本校なかよしルームにおいて「学校保健委員会」が行われました。

 主なプログラムは、①先週行われた児童を中心とした学校保健委員会(=GENKI)の報告、②学校医の紹介、③保護者からの学校医や本校養護教諭への質問コーナーでした。

 主な質問コーナーでは、今回ご参加いただいた3名の先生(歯科校医、耳鼻科校医、学校薬剤師)が保護者からの質問一つ一つに丁寧に答えてくださいました。

 特に保護者の関心が高かったのは「タイミング」でした。例えば、眼鏡やコンタクトを使用し始めるタイミング、歯の矯正事情と矯正を始めるタイミング、中には小児科受診卒業のタイミングといった質問も保護者から寄せられていました。他にも花粉症や食物アレルギーへの対応・対策、暑さ対策・日焼け対策なども話題になっていました。

 お忙しい中、ご来校いただいた校医の先生方、ありがとうございました。参加した保護者や職員にとって、大変有意義な時間になりました。

実験台成功! ~6年校庭花壇情報&理科~

2017年7月12日

  

  6年生は年度初めにシロバナホウセンカの種を蒔きました。飼育小屋の前に置き子どもたちの目にふれるようにしました(左の写真)。順調に育ったので、それを使って理科「植物の中の水の通り道を調べよう」の実験をしました。

 切花着色剤を入れた三角フラスコにシロバナホウセンカを根ごと入れてしばらく置きました。4校時には白花は赤くなり葉も葉脈が赤くなっていました(中の写真)。

 そして5校時にフラスコから取り出し、じっくり観察をしました(右の写真)。「根が真っ赤だな。」「シロバナがアカバナになった。」「葉の筋が赤く見える。」「茎の中はどうなってるかな、切ってみよう。」「くきのまわりがネックレスみたいに点々と赤くなってる。」「縦に切ったらどうかな。」「一本の赤い細い道だ。」「ホウセンカは根から水を吸い込んで、茎の周りの細い道を通って葉や花まで行くんだね。」「実も赤くなってるから、きっと実にも水が行くんだ。」等々、子どもたちは様々なことに気付いていました。

 年度初めの忙しい時期に種まきをするのはなかなか大変ですが、そこをがんばれば、今回のように、子どもたちが驚くような「植物の水の通り道」の実験ができます。昨年は大きく育ちすぎて、三角フラスコへ入れるのが大変でしたが、今年は小さ目のホウセンカで扱いやすく、短い時間で水を吸い上げていました。切花着色剤を使ったこともよかったようで、はっきりと結果がわかり、子どもたちも興味をもって学習に取り組むことができました。

 「ほかの植物でも水の通り道を調べたい」という声も上がっているほどです。

とうもろこしを味わおう ~富士見台給食便り~

2017年7月11日

【きょうの献立】 チーズパン ゆでとうもろこし クリームスープ ししゃもフライ 牛乳

【とうもろこし】 とうもろこしの旬は5月から9月ころですが、たくさんとれるのは7月です。日本でとれるとうもろこしの半分が、北海道で栽培されています。そのまま食べるほかに、缶詰にしたり、冷凍にしたりして、夏以外でもおいしく食べられるように加工しています。とれた手のとうもろこしが食べられるのは今だけです。ゆでたとうもろこしの甘い味を、あじわってください。(「ぱくぱくだより」より)

 とうもろこしの黄色い部分をきれいに食べられた人を紹介して食べたあとを見せました。「きれい」「まねしよう」と、さっそくまねをして、黄色いところを丁寧に味わって食べるかわいい子どもたちです。ししゃもフライも大人気でした。丸ごと食べられるし、カルシウムたっぷりです。ソースの味がフライの味を引き立てます。スープは野菜がたくさん入っているうえに肉も入っていておいしく食べられました。とうもろこしは本当に甘くて一粒一粒大切に食べました。

 毎日暑い日が続いていますが、給食室の調理員さんたちは、毎日その暑さの中で給食を作ってくださっています。ありがたいことです。残さずに食べることが調理員さんへの感謝になります。

考えようやっていいこと悪いこと ~3年非行防止教室~

2017年7月11日

  

 11日(火)の午前中、保土ケ谷警察署の方にご協力いただき、3年生を対象とした「非行防止教室」を実施しました。

 この出前授業は昨年度も実施したもので、主に「万引き」を題材にした授業です。子どもたちはプレゼン画面を見ながら、警察の方の様々な問いかけに答えていきました。そんなやりとりを通して、子どもたちは、「万引きは犯罪行為であって、絶対にやってはいけないこと」であることを理解するとともに、万引きのような行為をしないためにはどうしたらよいのか考えました。

 授業の最後に警察の方が子どもたちに伝えてくださったのは次の3つです。

 ①自分の物と他の人の物を区別すること。

 ②自分で考える。そして正しい行動をとること。

 ③(「悪い」と思うことは絶対にやらないという)強い心をもつこと。

 保土ケ谷警察署の方々、今日は子どもたちのためにありがとうございました。子どもたちはまた一つ大事なことを勉強しました。

 

 

みそはぎ&がま ~富士見台花便り~

2017年7月11日

  

 二十四節気の「小暑」が過ぎ、毎日暑い日が続いています。子どもたちはこまめに水分補給をして、熱中症にならないように気をつけて学校生活を送っています。

 校庭のビオトープ(ネイチャーFujimi)はいつも水が流れています。そんな環境を好む植物がいつものように花を咲かせ始めました。みそはぎ&がまです(左の写真)。高く伸びているのが「がま」で、下のほうでピンクの小さい花が縦に長く咲いているのが「みそはぎ」です。みそはぎは、じめじめしたところが大好きなので川原などで見られます。お盆のころに咲くので、地方によっては「盆花」とよんで、墓参りの時にお墓にかざるようです。暮らしの中になくてはならない花というわけです(中の写真)。

 「がま」を図鑑で見ていて新発見をしました。茶色い円筒形は雌花で円筒形の上の角みたいにとんがっているのは雄花です。はじめて知りました。そういえば、がまの花が終わるころ、ふわふわのわた毛になって飛ぶのをよく見ていました。あれは雌花だったのです。毎日新発見があるのは嬉しいことです(右の写真)。

 学校のじめじめして所ならではの花が季節を教えてくれました。

新プロジェクトスタート! ~みんな仲良し大作戦~

2017年7月10日

 

 写真は、全校の子どもたちが校庭に出てきて「ドッジビー」をやっている場面を撮影したものです。ただし、月曜日と金曜日の中休みに行っている「体力づくり」の時間の「ドッジビー」とはちがいます。

 これは、7月4日(火)の昼休みに行われた「みんな仲良し大作戦第1回」の時に撮影したものです。

 「みんな仲良し大作戦」とはプロジェクト委員会が発案した「ペア学年以外の友達とも交流をする。できたら仲良くなる。(あの子が何年生か知る、顔を知る、名前を知る。)」ことをねらった活動です。今年から始めたプロジェクトですが、年間3~5回程度行うことで、学校スローガン「笑顔いっぱい 心は一つ みんな仲良し富士見台」を実現させたいと思っています。

 次回第2回は、9月に予定しています。今月19日の代表委員会では2回目に取り組む内容を決めます。ペア学年以外とも「ふれあい」を深められる取組として、子どもたちからどんなアイディアが出てくるか楽しみです。

 

ヒャクニチソウ&昆虫 ~富士見台花便り~

2017年7月10日

  

 今年もヒャクニチソウが咲き始めました。南花壇の外側花壇です。

 南門の左側花壇には赤・オレンジ・ピンクの花が咲きました。左端の棒を見るとトンボが止まってじっと辺りを見回していました。「とんぼさん、カメラを持ってくるから待っててね。」と言い残して職員室へカメラを取りに行ってもどってくると、トンボは棒の上で待っていてくれました(左の写真)。そこが相当のお気に入りのようで、それからもしばらくそこにいました。

 太陽の國側花壇にも種を蒔いたので、見に行くとピンクや赤の花が咲いていました。それだけでなく、またまた支柱の棒の上に昆虫が止まっているのを発見しました。こちらもその場所がお気に入りのようで、ずっと同じ場所にとどまり、周りの様子を眺めていました。

 ヒャクニチソウはその名のように、百日花を咲かせてくれます。今は茎が1本ですが、だんだんわき芽が育ちそこにも花が咲きます。肥料を与えると長くわき芽が育ち花が咲くのです。この花をめあてにちょうやとんぼなどの昆虫がやってきます。ヒャクニチソウは夏の日差しが大好きなので、ひまわりとともに夏を彩ります。

 

見えないよごれが・・・ ~学校保健委員会GENKI~

2017年7月9日

 

 5日(水)のお昼、今年度1回目の学校保健委員会「GENKI」を行いました。今年のGENKIの年間テーマは「手洗い・うがいで元気な体」です。

 そこで、まず「手洗い・うがい」の実施状況のアンケート結果をもとに各クラスで決めてきた「手洗い・うがい」の合言葉を発表し合いました。例えば「手洗いゴシゴシ、うがいガラガラ」とか「当たり前 手洗い・うがいで健康に」といったものです。

 次に「手洗い実験」を行いました。この実験では、汚れに反応する蛍光剤を使って、ブラックライトに手をかざすことで、手を上手に洗えているか確かめることができます。子どもたちの多くは汚れが残る自分の手を見て、驚くと同時に「もっとちゃんと洗わなくてはいけない。」といった思いをもちました。

 参加した子どもたちには、今回のGENKIで学んだことを、しっかりクラスのみんなに伝えてほしいと思います。そして子どもたちには、暑い暑い夏を元気に過ごしてほしいです。

 

お知らせです! ~地域行事~

更新日: 2017年6月9日

競技が始まりました!

更新日: 2017年5月27日

読むものはいろいろ ~ペア読書~

更新日: 2016年12月11日

春待ち仕事 ~菜の花畑便り~

更新日: 2016年12月7日

前期終業式

更新日: 2016年10月7日

前期終業に向けて ~懇談会~

更新日: 2016年10月5日

給食室周り花壇情報  玉すだれ

更新日: 2016年9月26日

卒業式前日準備 横浜の富士

更新日: 2016年3月17日

9月授業参観・懇談会(全学年)

更新日: 2015年9月18日

1年畑情報 オクラ

更新日: 2015年9月16日
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる