今週は、人権週間でした。今年のテーマは「わたしもたいせつ あなたもたいせつ」です。各クラス、「アサーショントレーニング」プログラムを授業で実施することになっています。「アサーション」とは、自分の気持ちや考えを正直に言う時に、他の人のことも配慮しながらその場の状況に合った適切な方法で表現することです。人権週間に先立ち、校長先生から今日の朝会でお話がありました。自分を大切にすることはもちろんですが、「相手も大切にしてほしい」、そのためには、まず、自分を大切にすること、そうすると、自分とまわりも一つになって心があたたくなること、自分のことばかり考えて人にすぐやなことを言ってしまう人におすすめしたい方法として「すきになること」という話がありました。勉強も、食べ物も、友達も、好き嫌いはあるけれど、嫌いなものをむりやり好きになるのではなく、「すききらいをきめつけないで」欲しいこと、「すきになるのは、あいてのことを知りたいな」って思うことだから、「自分と相手がつながっているな」って思えること、だから何かひとつ「だいすき」って思えるものを見つけよう!というお話でした。人でも、ものでも、ことがらでも、何か一つなら「だいすき」って思えるものが、みんな見つけられると思います。朝会で先生方に聞いたところ、校長先生は「ラーメン」、5年生の先生は「魚つり」、3年生の先生は「昼寝」、6年生の先生は「プロ野球」でした。みんな、どんなものが大好きですか?それを通して、「相手に興味をもつ」「そばにいたいなって思う」ことができたら、すてきですよね。「だいすき」は、自分とそのほかをつなぐ、魔法の言葉です!