6年生は保土ケ谷区社会福祉協議会やボランティアの方々をお招きし、高齢者疑似体験・車いす体験を行いました。

 高齢者疑似体験では、関節にサポーターをつけたり、手首や足首に重りをつけたりして高齢者の方がどのような感覚で日常生活を送っているかを体験しました。実際に文字を書いたり、階段の上り下りをしたりすることを通して、高齢者の方が生活の中で感じていることにふれることができました。

 

 車いす体験では、実際に車いすに乗車。坂道を上ったり下りたりするときの感覚を体験しました。子どもたちからは、「少しの坂道でも、怖い。」や「段差は少ししかないように思ったけれど、大変だった。」などの声が。また、車いすをおす役になった子どもは「少しの操作ミスが大きなけがにつながるような気がした。」などの声が聞かれ、車いすを利用している方々やそれを支える方々の思いにふれることができたようです。

 

 とても貴重な体験をした6年生。今回の体験を通して日常生活でも、勇気を少し出して一声かけることができるようになったのではないでしょうか。